アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
藤森 照信 - 自然素材を現代建築にどう取り組むか−九州での経験を通して
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

自然素材を現代建築にどう取り組むか−九州での経験を通して

藤森 照信TERUNOBU FUJIMORI


自然素材を現代建築にどう取り組むか−九州での経験を通して

これは景色が日本難れしていますけど、実はフランスの芝練です。日本とフランスのプルタ−ニュ地方のニカ所にしか芝棟は残っていません。二カ所に残っているだけでなくて植えてるものも基本的に同じです。日本でもイチハツを植えますが、フランスの場合はイチハツしか植えません。種類は圧倒的に日本のはうがいろいろあります。残念なのは日本のはうが管理が悪い。フランスの芝棟は非常に美しく管理されています。ホントに僧らしくなりました。

ぼくは、今まで二度行っています。今年は花の咲く時期を聞いて行ったんですけど、開花が遅れているということで咲いていませんでした。この付だけで五、六十棟あって、政府が保護しているんですけど、プルターニュ地方だけでおそらく干棟くらいはあるのではないでしょうか。

屋根は急傾斜で、雨水のはけを非常によくしてあるんです。それから、フランスは日本とは違って、空気が乾燥していて湿気が少ないので、茅の厚さが日本の三分の一から四分の一なんです。だから維持が楽です。これは六十度近い傾斜です。とてもきれいにイチハッを載せています。方法はまったく日本と同じです。

Profile
略歴
1946
長野県に生まれる
1971
東北大学工学部建築学科卒業
1978
東京大学大学院工学系研究科 建築学専門課程満期終了
1980
東京大学工学博士
1982
東京大学生産技術研究所講師
1985-
東京大学助教授 〜現在 東京大学教授 生産技術研究所
受賞
1981
日本都市計画学会賞
1983
東京都市市政調査会藤田賞
毎日出版文化賞
1986
日本文化デザイン賞
サントリー学芸賞
1997
第十回日本芸術大賞
日本建築仕上げ学会賞
第六回町田市優秀建築賞
1998
日本建築学会賞(論文)
2000
日本建築学会作品選奨賞
2001
日本建築学会賞(作品)
著作

『国家のデザイン』『明治の東京計画』 『建築探偵の冒険』『路上観察学入門』(供著) 『西洋館デザイン集成』『建築探偵東奔西走』 『看板建築』『建築探偵雨天決行』 『昭和住宅物語』『建築探偵神出鬼没』 『都市・建築』『日本近代美術と西洋』(供著) 『日本の近代建築(上・下)』 『全調査東アジア近代都市と建築』(監修・執筆) 『藤森信照野蛮ギャルド建築』 『タンポポハウスができるまで』 『建築探偵日記』『たんぽぽの綿毛』他多数

作品

「神長官守矢史料館」 「タンポポハウス」 「ニラハウス」 「一本松ハウス」 「秋野不矩美術館」 「新井リゾートザホーラム」 「熊本県立農業大学校学生寮」 「ツバキ城」

«前のページへ最初のページへ次のページへ»