アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
伊東 豊雄-ストラクチュアとマテリアル
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

ストラクチュアとマテリアル

伊東 豊雄TOYO ITO


あなた方がなぜ建築をやっているのかと聞かれたらどう答えますか?僕は数年前までは快適な建築、心地よい建築をつくるためだと答えていましたが、現在は楽しい建築をつくりたいからだと答えるだろうと思います。

楽しい建築、僕にとってそれにはふたつの意味があります。ひとつは、自由であることが感じられるような建築です。建築の設計にかかわっている方はおわかりでしょうが、建築は不自由なもので、自分がこうしたいと思っていてもできないことばかりです。経済的なことや法規やクライアントの関係、社会的な状況の中であまりにも不可能なことが多い。不自由な状況の中で、少しでも自由を享受できるような建築をつくりたいという思いが、僕に建築をつくることを頑張らせるのです。もうひとつは、何かをいろいろな人と一緒につくること、つくることを共有できることです。今は建築をつくることに反対する人は多いのですが、本来、何かをつくることは人間にとっていちばんプリミティブな喜びであるはずです。そのことを私たちは思い出さないといけないと思います。そのふたつのことを実現するために、僕はとりあえず素材や構造の問題を重要なものだと思って、それを手がかりとして建築を考えているのです。具体的にそのことの意味を、最新のプロジェクトを含めてご紹介します。

Profile
略歴
1941
長野県に生まれる
1965
東京大学工学部建築学科卒業
1965-69
菊竹清訓建築設計事務所
1971
アーバンロボット(URBOT)設立
1979
事務所名を伊東豊雄建築設計事務所に改称
主な作品と受賞
1975
黒の回帰
1976
中野本町の家
1983
花小金井の家
1984
笠間の家
第三回日本建築家協会新人賞
1986
シルバーハット
日本建築学会賞作品賞
サッポロビール北海道工場ゲストハウス
第三回村野藤吾賞
1991
八代市民博物館・未来の森ミュージアム
第三十三回毎日芸術賞
BCS賞(建築業協会賞)
1993
下諏訪町立諏訪湖博物館
1994
養護老人ホーム八代市立保寿寮
1995
BCS賞(建築業協会質)
1997
大館樹海ドーム
長岡リリックホール
芸術選奨文部大臣賞
第五十五回芸術院賞
BCS賞(建築業協会賞)
1998
野津原町役場
大田区休養村とうぶ
1999
大社文化プレイス
2000
桜上水K邸
2001
せんだいメディアテーク
日本建築学会賞作品賞
BCS賞(建築業協会賞
グッドデザイン大賞
2002
ヴェネツィア・ビエンナーレ
金獅子賞
ブリュージュ・パビリオン
サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2002
2003
東雲キャナルコートCODAN 一街区・二街区
稲城W邸
2004
まつもと市民芸術館
«前のページへ最初のページへ次のページへ»