アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
妹島和世+西沢立衛/SANAA - 環境と建築
京都造形芸術大学エントランスラウンジ企画展 森の屋根ときのこ
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2013 東西アスファルト事業協同組合講演会

環境と建築

妹島和世+西沢立衛/SANAA
KAZUYO SEJIMA + RYUE NISHIZAWA / SANAA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
京都造形芸術大学エントランスラウンジ企画展 森の屋根ときのこ
「森の屋根ときのこ」断面
「森の屋根ときのこ」断面

西沢2013年の秋から冬にかけて京都造形芸術大学で「森の屋根ときのこ」という展覧会をやりました。nendoという有名なデザイン集団とのコラボレーションで、僕が建築をつくって、nendoが身の回りの家具をつくるというプロジェクトです。キュレーターは京都造形芸術大学の徳田佳代さんで、隠れ家のような空間をつくってほしいということでした。

造形大のキャンパスの裏山が敷地で、すごく激しい傾斜と階段がある場所です。つまり、用意された場所というよりは、学生たちが秘密基地のように自分で空間をつくったり、居場所を見つけていけるような環境をつくれないか、と考えました。なので、平らな場所に建てるだけではなくて、階段や斜面や崖など、いろいろなものにまたがっていくような屋根をつくって、学生や子どもたちが自分で場所を見つけていける建築を考えました。さまざまな傾斜や質感の地面の上に屋根が架かり、広がっていきます。

京都なので木造でつくろうと思い、数寄屋大工さんにお願いし柔らかい屋根をヒノキでつくってもらいました。細かい柱を立てた上に梁が架かっています。この梁は直線なのですが、節がなく、自然に曲げながらつくっていく、非常に見事な作り方をされていました。

「森の屋根ときのこ」南西より見る。
「森の屋根ときのこ」南西より見る。
「森の屋根ときのこ」東より見る。
「森の屋根ときのこ」東より見る。
「森の屋根ときのこ」屋根の下から見上げる。
「森の屋根ときのこ」屋根の下から見上げる。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»