アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
手塚 貴晴 - 人は建築の向こうに何を見るのか?
グランエリプス北長瀬
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2014 東西アスファルト事業協同組合講演会

人は建築の向こうに何を見るのか?

手塚 貴晴TEZUKA TAKAHARU


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
グランエリプス北長瀬
「グランエリプス北長瀬」模型。
「グランエリプス北長瀬」模型。

また、「グランエリプス北長瀬(2015年竣工予定)」という、お年寄りのための施設の設計にも関わっています。世の中のお年寄りが寝たきりになる原因の三分の二は、筋力の低下だと言われています。それを防ぐため、日本ボディビルチャンピオンで、東京大学の教授で筋肉を研究している石井直方さんと協力して、おじいさんやおばあさんに筋力トレーニングをさせよう、という計画を考えています。2015年4月にオープン予定の施設では、入院生活を経て、ようやく動けるようになった高齢者の方に対して、6カ月間の合宿のようなかたちで筋力トレーニングを行います。これまでの一般的な概念では、お年寄りは大事にしなくてはいけないと考えられてきましたが、ここの施設では、単に厳しくしようとしているわけではなく、スポーツ選手が行うようなアカデミックなトレーニングをお年寄りの方に対して行うのです。

お年寄りの施設、と聞くと、昭和初期の歌などがかかっているようなイメージを持たれるかと思いますが、実は今のお年寄りと言われている人たちは、もっと若者に近い感覚を持っています。ですから、そこにいるトレーナーも、すごく綺麗なレオタードのお姉さんや韓流スターのようなお兄さんを集めて、お年寄りのスケベな部分をもう一度復活させつつ(笑)、筋トレによって6カ月間で筋肉もりもりの状態にして送り出す、というプロジェクトです。実は、このような建築と関係のないようなプロジェクトも立ち上げているのです。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»