アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
槇 文彦 - 建築空間と物質性について
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

建築空間と物質性について

槇 文彦FUMIHIKO MAKI


建築空間と物質性について-槇 文彦

現代の日本を見てみますと、工業化社会という厳然とした事実があって、否応なしにわれわれは工業化社会が持っている仕組みとかあり方の中で建築をつくっていかなけれぱなりません。その中で、幸いなことにいまの日本は大変な近代的工業力を持っているために、いろいろな材料で正確にものをつくることができます。と同時に、古くからある素材に対する愛着心といいますか、そういうものを尊ぶ職人も、数は滅っていますが残っています。そのクラフトマンシップとテクノロジー、この二つが日本の建築の基盤を支えているのではないでしょうか。それに対して建築家がどういうふうに向かっていくかというのはかなり現代的なテーマでもあるし、また物質性という問題として先に述べたように永久のテーマでもあるのですが、同時にきわめて現代的なテーマでもあります。そういうものを使える間は、何とかしてそのベストを取り出して建築をつくって、ひとつの時代の証といいますか、−−建築は幸いほかのものに比べて寿命が長いものですから、後世に残していくというかたちで時代の検証をしていくというのも、やはり形態とか空間とかいう議論と並んで大事なことであろうと考えます。できたときどんなに衝撃的な作品でも10年もたてば見るかげもなくなるのでは後世に残らないわけですから。

Profile
略歴
1928
東京都生まれ
1952
東京大学工学部建築学科卒業
1954
ハーバード大学修士修了
ワシントン大学・ハーバード大学準教授
1965
(株)槇総合計画事務所設立 代表取締役・東京大学講師
この間ハーバード大学、カリフォルニア大学ウィーン工科大学等客員教授
1979
東京大学工学部建築学科教授
1981
AIA(アメリカ建築家協会)名誉会員
受賞
1958-60
グラハム財団美術基金賞
1963
日本建築学会賞作品賞
1967
第十回毎日芸術賞
1973
第24回芸術選奨文部大臣賞
1980
第12回日本芸術大賞
1985
日本建築学会賞作品賞
作品

「名古屋大学豊田記念講堂」 「立正大学熊谷校舎」 「金沢区総合庁舎」 「大阪府臨海スポーツセンター」 「筑波大学体育芸術専門学群+中央棟図書館」 「トヨタ鞍ヶ池記念館」 「代官山集合住居」 「沖縄海洋博水族館」 「岩崎美術館」 「慶應義塾図書館・新館」 「電通大阪本社」 「藤沢市秋葉台文化体育館」 「慶應義塾日吉図書館」 「SPIRAL」 「京都国立近代美術館」

«前のページへ最初のページへ次のページへ»