アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
伊東 豊雄 - メディアの森のターザン
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

メディアの森のターザン

伊東 豊雄TOYO ITO


メディアの森のターザン-伊東 豊雄

中心を持たず、内と外の区別もない、建築の中にいるというよりは、何か森の中を歩いているような。伊東氏の理想とする建築像「メディアの森のターザン」や比較的新しいプロジェクトを中心に語られる。


住宅は、機能によってつくられる住むための器という部分があるわけで、この住宅にほかの人が住んでも、それなりの機能は備えて住んでいくことはできます。しかし、この家の場合には、この家族だけの特異性を、ほかの家よりもう少し強く持ってしまったためにこの住宅がここの住人と同じように生まれて死んでいく運命を辿ったんだと思います。

外に対して開いていく建築住宅にはなんらかのかたちで家族を象徴するような、バーチャルな側面がなくてはならないでしょう。例えば、ハウスメーカーがつくった住宅です。これはだれでも容易に住むことができます。機能的なものを備えていて、大きな屋根、仰々しい玄関、バルコニーなど幼椎園の子供でも描くような家のイメージに沿ってつくられています。だれにでも通用する言葉、共通言語だけでできています。その家の特殊性を象徴するような空間ではありません。それに対してある個人としての建築家が、個人としてのクライアントと向かい合うときには、その一般言語を超えてもう少し詩的な言語といいますか、その家族と建築家の間にしかコミュニケートできないような、ある世界を築こうと努めると思います。

Profile
略歴
1941
長野県出身
1965
東京大学工学部建築学科卒業菊竹清訓建築設計事務所入社
1971
アーバンロボット設立
1979
伊東豊雄建築設計事務所に改称
1981
東京工業大学工学都建築学科非常勤講師
1984
早稲田大学埋工学部建築学科非常勤講師
1988
東京大学工学部建築学科非常勤講師
1991
コロンビア大学客員教授
受賞
1984
日本建築家協会新人賞
1986
建築学会賞作品賞
1990
村野藤吾賞
1991
毎日芸術賞
1993
建築業協会賞
1997
建築業協会賞
1998
芸術選奨文部大臣賞
主な作品

「笠間の家」「シルバーハット」「風の塔」「サッポロビール北海道工場ゲストハウス」「八代市立博物館」「ホテルP」「アミューズメント・コンプレックス〈H〉」「松山ITM本社ビル」「下諏訪町立諏訪湖博物館」「養護老人ホーム八代市立保寿寮」「つくば南駐車場」「八代広域消防本部庁舎」ほか

«前のページへ最初のページへ次のページへ»