アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
内藤 廣 - 3.11以降の建築
天災は忘れた頃にやってくる
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2014 東西アスファルト事業協同組合講演会

3.11以降の建築

内藤 廣NAITO HIROSHI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
天災は忘れた頃にやってくる

この2、3年で何度か読み返しているのが、物理学者であり、随筆家である寺田寅彦(1978〜1935年)が1923年の関東大震災の時に被災の調査をしながら書いた記録です。その中に、皆さんもご存知の「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉があります。人間の人生のサイクルと災害の周期が合っていない、だからみんな忘れるのだ、忘れてしまうから同じことが起きるのだ、ということです。ただ、ここで私はもうひとつ付け加えたいと思っています。

内藤氏が描いた日本で起こりうる災害。
内藤氏が描いた日本で起こりうる災害。

残念ながらわが国は、さまざまな災害に見舞われます。津波だけじゃありません。津波だと思ってると高潮があったり、長野県・御嶽山噴火のような火山災害もあります。怖いのは地震だけではないのですね。1707年の宝永地震[注2]の時には、その49日後に発生した宝永の大噴火がついて回ります。それから、869年の貞観地震[注3]の時は、その5年前の864年に貞観の大噴火が発生している。大地震と富士山の噴火というのはペアで生じる可能性が高く、これから十分に注意する必要があると思います。また、広島市で起きた深層崩壊といういわゆる崖崩れや、竜巻も挙げられます。他にはサイバーテロも考えられますね。バイオハザードやケミカルハザードについては、誰も指摘しないのですが、私は気になっています。つまり何が言いたいのかというと、天災は忘れた頃にやってくるのだけど、見えているひとつのことばかりに関心を向けていると、思わぬ方角から災害がやってくるんだということなのです。


[注2] 1707年(宝永4年)に東海道沖から南海道沖を震源域として発生した巨大地震。地震および津波によって、合計で少なくとも死者2万人の被害が出た。

[注3] 869年(貞観11年)に、陸奥国東方沖(日本海溝付近)の海底を震源域として発生したと推定されている巨大地震。マグニチュード8.3以上、津波による被害も甚大だったとされている。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»