アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
手塚 貴晴 - 人は建築の向こうに何を見るのか?
「屋根の家」から学んだこと
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2014 東西アスファルト事業協同組合講演会

人は建築の向こうに何を見るのか?

手塚 貴晴TEZUKA TAKAHARU


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
「屋根の家」から学んだこと

「屋根の家」は、ふたつのことを私たちに教えてくれました。

ひとつ目は、この建築はコンセプトを説明する必要がないということ。「屋根の家」で竣工後一年目のオープンハウスを行った時、数時間のうちに四五〇人以上の人が訪問してくださいました。すると、皆さん同様に、屋根の上に登るんです。この建築について私たちが説明しなくとも、屋根に登ると面白い、と皆気付いて登るわけです。つまり、建築というのは説明が必要な時点で終わりなのだなということを、このあたりで学びました。

ふたつ目は、建築が人に対して何かを働きかけることがある、ということです。実は、「屋根の家」のオーナーさんは中学生のカウンセリングをなさっている方で、ある時、コンクリート造の無機質なビルの中で治療をやっていてもだめだ、自宅に連れてきてみようと思い立って、屋根の上でカウンセリングを始めたそうです。その中に、けっこうな悪さをしていた大柄な子がいて、彼がオーナーさんに連れられてやって来て、屋根の上に登ると、それまでとは急に態度が変わったんだそうです。「俺もこの『屋根の家』で育っていたら、もうちょっと優しい人間になれたかもしれねえな」なんて言ったそうで。建物が人にアクションを起こして、その人の人生を変える可能性があるということを、私はこの建物を通して学びました。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»