アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
青木 淳 - 最近の仕事
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

最近の仕事

青木 淳JUN AOKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
上向きに凸凹したものに、下向きに凹凸したものを被せる
初期案模型

Yという住宅は、青森県立美術館の設計とほぼ同時に始まったプロジェクトです。設計が終わったところで、クライアントの方の遺産相続の問題から、実現には至りませんでした。このプロジェクトは、機能ではなくて、何か一種の既存部として与えられた形式、既存部のように与えられてしまった空間を利用する、そういうふうにして、つくれないだろうか、と思ってつくりました。

クライアントの旦那さんは、音楽関係の仕事をされていてスタジオが欲しい。だけど音があると眠れない、眠るところは地下がいいという人です。それに対して奥さんからは、光があるところにいたいという要望がありました。ふたりに共通するところは、外は見たいけれど、外から見られたくないということでした。それから、その方のお母さんの住まいも考えないといけない。そのようなプロジェクトでした。

その結果、まず法律的に認められた最大の高さのところに奥さんの部屋をつくって、地下に旦那さんの部屋をもってきて、途中は何もつくらない、というストーンヘンジみたいになものになり、そこからスタートしました。お母さんの住宅はその間の地上レベルに日本の古い伝統的なタイプの家屋として設けました。

外断熱を採用しているのですが、部屋がないところの外壁には断熱してもしょうがないので、部屋があるところだけ断熱材を張りました。また、外から見られたくないという要望がありましたので、壁には窓がありません。その代わり、空がどう見えるかがスタディされ、トップライトや屋上テラスがふんだんに配置され空間ができています。階段室とお風呂が兼用になったような空間ができたりするなど、おもしろい計画ができました。

これは、形式を先に与えておいて、それをどう利用できるか、ということで進められたプロジェクトです。

もちろん、あとで形式をいじってみるというフィードバックはありますが、それは機能的なフィードバックというよりは、中の空間がおもしろくなるかどうかを主眼に置いたフィードバックです。その意味では、青森県立美術館と似たようなプロセスを辿っているのですが、今、見ると少し不満です。というのは、このかたちをつくっているルールがないからです。こういうかたちが格好いいなとか、ここはこうなっているといいなとか、論理とはいえないものでかたちが決まってしまっているからです。恣意的な判断でしかなく、ほかにも無限の選択可能性がある。そういうのはどうかな、と最近思います。

表参道のルイ・ヴィトンの建物などは、これよりも恣意性が少なくて、いろいろなサイズのプロポーションの直方体空間を内包するような構造体をつくることをルールとしてもっていますから、あるところに収束していく感じがあります。Yの場合、こう見えるからという理由しかありません。

居室部の外壁にのみ断熱材が張られている
居室部の外壁にのみ断熱材が張られている
模型(右)と断面模型(左)
模型(右)と断面模型(左)

«前のページへ最初のページへ次のページへ»