アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
青木 淳 - 最近の仕事
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

最近の仕事

青木 淳JUN AOKI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
前面道路側外観
前面道路側外観
庭側より俯瞰する
庭側より俯瞰する

Uという住宅は、Yよりも少し前に計画されたプロジェクトで、実際につくるつもりではなく考えたものです。

この住宅は、いってみればふたつの世界をもっている住宅です。片方の世界は、道路と一体化しているような、どちらかというとパブリックな空間です。そして、もう片方は裏の庭と一体化しているような、どちらかというとプライベートな空間です。そのふたつの空間がひとつの住宅の中で、どちらが優位ということではなく、お互いに拮抗するようなつくり方はないだろうか、とスタディをしたものです。道路側から見た時に主と見える空間と、裏から見ると主に見える空間が、どこかで反転するような住宅を考えました。

ここでは、スロープが道路側の空間と庭側の空間をつないでいます。そこでは、道路から入り、スロープを下がっていき、途中で折り返して地下に入るというような経験をします。つまり、最初、道路側の空間に入ったつもりが、くるっとまわっていくと、いつの間にか庭側の空間になってしまうのです。比喩的にいうとメビウスの輪みたいなもので、表だと思っていたところが、いつのまにか裏に変わっている。そういうことが、ふたつの空間の間で生まれるといいなと思ったのです。メビウスの輪でなくて、クラインの壷かな。そういうような構成を考えました。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»