アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
小嶋一浩 - 越境的思考の可能性
アクティビティ
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2004 東西アスファルト事業協同組合講演会

越境的思考の可能性

小嶋一浩KAZUHIRO KOJIMA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
アクティビティ
千葉市立打瀬小学校中庭
千葉市立打瀬小学校中庭

最近は学校の設計の仕事が多いのですが、僕は学校に限らず、建築設計ではアクティビティをどう組み立てていくかが大切だと思っています。ブリューゲルの「子どもの遊び」という絵があります。大勢の子どもが場所ごとに違うことをやって遊んでいる情景で、細かく見ていくとなかなか見終わらないような絵です。小学校はこのような状態になっているのがいちばんいいと思っています。先生に統率力があって、クラスの子どもが全員ピシッと前を向いて授業しているのは、あまりいい風景ではないと思います。とくにオープンスクールのチームティーチングでは、子どもが自分でやる気を出すことをサポートするのが先生の役割です。建築の教育でいうと、設計製図の時間にエスキースを見ることはまさにそういうことで、全員を相手に原理を教えるというやり方ではうまくいかないのと同じです。

千葉市立打瀬小学校の設計時には、アクティビティのシミュレーションをやりました。入学式を体育館をやった後、最初のクラスから先生が先頭になって教室に入っていくというシーンです。クラス単位でゾロゾロと歩いていくというのは従来の学校計画で、集団のアクティビティをベースにして廊下の幅などいろいろなことが決められていきます。でも、そうしてしまうとブリューゲルの絵のような状態にはなりません。

一方で、朝、子どもたちが学校にきて、先生がくるまでどこに散らばっているかの調査も行いました。校門のない学校では、子どもたちはいろいろなところからバラバラとやってきて、靴を履き替えて、オープンスペースに行って、まずは鞄を置きます。

先生がくるまでは、大きなテーブルがあればそこに溜まっていたり、仲のよい子ども同士が集まったり、待ち合わせて入ってきたり、300人の子どもの動きそれぞれに全部意味があります。この動きをコンピュータ上に手作業でプロットし、その動きを調べています。授業をやっている時もこれと同じように、どこが教室だかわからない状態になっているのがいいのではないかと考えました。

建築を設計すると、建築がどうしても人の動きを決めてしまいます。でも僕は、そこにいる人間がどういう表情をしてそこに集まっているかということが、学校の空気をつくると思って設計しています。当たり前のことですが、いい学校は校舎が立派ではなくて、子どもたちが活き活きしている学校だと思います。この小学校だけはC+Aではなく、シーラカンスの仕事です。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»