アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
伊東 豊雄 - 近作を語る
はじめに
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

近作を語る

伊東 豊雄TOYO ITO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
はじめに

今日は「近作を語る」ということで、私の九十年代以降のプロジェクト、とりわけ現在進行中のプロジェクトを中心にしてお話をさせていただこうと思っています。

特にテーマを決めているわけではありませんが、「バーチュアリティ」ということばがキーワードになるかもしれません。バーチュアリティというと、バーチュアル・リアリティというようなことばで、何か頭で描いたことといいますか、まさしくことばどおりにリアリティのない話に思われるかもしれませんが、私にとってはこれからの建築をつくっていく上で非常に大切なことばです。

今まで建築家は、「心」とか「優しさ」とか、そういった日本的なことばが最後には建築をつくるカギになるといってきたわけですが、私にとっては、その「バーチュアル」ということばが「もう一つの心」といいますか、これからの建築をつくっていく上での精神的な支えになるようなものではないかと感じています。それぐらいわれわれの精神を含めた身体が変わっているのではないでしょうか。

そんなことを頭に置きながら、これからさっそく作品の説明をしていこうと思います。最初に一つだけ私の古いプロジェクトから紹介したいと思います。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»