アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
妹島 和世 - 自作について
四面ガラスの休憩所
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

自作について

妹島 和世KAZUYO SEJIMA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
四面ガラスの休憩所
古河総合公園飲食施設の全景
古河総合公園飲食施設の全景
内部の隔壁を感じさせない空間構成
内部の隔壁を感じさせない空間構成

「古河総合公園飲食施設」です。小さな建物なので可能になったともいえますが、構造なのか構造でないのか、そういうことがあまりわからなくなってしまうような建物を、と思ってつくりました。

大きな公園の中の小さな休懇所なので、都市の中とも違うし、こういう場所では一般的に考えられる合理性とは少し違うのではないか、何が合理的かということを再考してみようと思いました。

インテリアとエクステリアが半々で、三百平方メートルぐらいの屋根面がある建物です。細い柱をいっぱい建てて、四面ガラスですけど、二面がスライディングドアになっていて、春とか秋に開けると外と内の境界がなくなって、同じような場所があるという具合になってます。

四枚の耐震パネルが入っているのですが、鏡面で仕上げたので、何が構造なのか装飾なのかということもわかりにくくなっています。ですから構造をまったく考えていないようにも見える建物です。自然の風景と、鏡面に映った自然が混ざり合いながら休憩所のインテリアをつくつています。グリット状に並べた小さなテーブルも、鏡面で仕上げていますから、コーヒーとか何かを置くときに人の位置によっては空が映って、それがテーブルの模様になっています。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»