アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
山本理顕 - 設計のプロセス
広島市西消防署
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

設計のプロセス

山本 理顕RIKEN YAMAMOTO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
広島市西消防署
迷路のような一階。正面に人型のアートワークが置かれている
迷路のような一階。正面に人型のアートワークが置かれている
大学棟のメディアギャラリーを 二階レベルより見る
大学棟のメディアギャラリーを 二階レベルより見る
大学棟のメディアギャラリーを 二階レベルより見る
大学棟のメディアギャラリーを 二階レベルより見る

広島市西消防署は、2000年に竣工した建物です。

コンペの時にわれわれが提案したことは、もっと開放的な消防署をつくったらどうでしょうか、ということです。消防署の人たち二十四時間働いています。しかし、中で何をやっているか、外からはわかりません。しかし、そうではなく、明るく開放的な消防署をつくれば、周辺に対しても安心感を与えるし、消防に関する啓蒙活動になると考えたのです。消防署というのは、普段、防災に関する啓蒙活動しています。そのことが外観に現れるような建物になればいいなと思いました。実際、非常に明るくて、パチンコ屋と間違われたこともあったようです。

一階は、消防自動車などの出入りがありますので、なかなか柱が建てられず、構造に苦労しました。そこで二階部分に人工地盤を設け、その上にもう一度建物が載る構造になっています。建物の中央に訓練のための大きなアトリウムがありますが、ここは屋外で、外気を取り入れる役目も果たしています。そのほか、ランニングトラックや、仮眠室もあります。署長室はガラス張りになっていて、いつもぴしっと背筋を伸ばした署長さんの姿を見ることができます。

四階には見学ロビーが設けられています。床がガラスになっていて、そこにヘルメットや防火衣など消防士が使う道具が展示されています。最初はパネルを立てて、そこに展示したいという要望だったのですが、このような提案をしました。幼稚園児や小学生がしょっちゅうここに遊びにきます。このレベルには、見学テラスがあって、消防士の訓練を誰でも自由に見ることができるのです。

廊下は、避難計画のため屋外扱いになりますので、ガラスルーバーの角度を開口率が50パーセントになるように調整しました。このガラスには細かいラインがプリントされていますので、簾越しのような柔らかい光が差し込みます。

講堂は、平土間でも、階段状でも使いたいという要望があり、可動床としました。最初は、体育館などによく用いられる、背面に椅子類を収納するタイプのものを考えていたのですが、そうすると収納の面積が大きくなりますので、椅子が固定された状態のもうひとつの床をウィンチで上げ下げする形式としました。舞台装置を製作している方にお願いして完成したものです。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»