アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
山本理顕 - 設計のプロセス
北京の集合住宅計画/強い提案を出すこと
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

東西アスファルト事業協同組合講演会

設計のプロセス

山本 理顕RIKEN YAMAMOTO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
北京の集合住宅計画
南側外観
南側外観

現在、北京で延床面積70万平方メートルの巨大な集合住宅をつくっています。日本でいう分譲マンションですが、一階と地下一階部分に、埼玉県立大学のようなランドスケープをつくっています。

ひとつの棟が約27メートル角で、高さが100メートル。北京の、各住宅には最低一時間の日照がなければならない、という条例に基づき、南北軸に対して約25度振れて配置しています。そのことで、住棟と住棟が向き合わないという効果も生まれました。

モデルルームをつくって販売を開始していますが、広さが200平方メートルもある住戸が、飛ぶように売れています。インテリアは徹底してモダニズム。

強い提案を出すこと

冒頭でもお話したように、建築をつくる際、多くの人たちがそのプロセスにどう参加するかが、これからますます問われてくると思います。その時に、われわれ建築家にできることは、強い提案を出すことです。建築家が強い提案を出すことで、初めてコミュニケーションが可能になると思うのです。そして、そのコミュニケーションの中で、建築家の考えが変わっていってもいいと思うのです。はこだて未来大学のように、邑楽町のように自分自身が変わるということが、建築をつくっていて非常に面白いことだと感じています。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»