アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

トップ
私の建築手法
妹島和世+西沢立衛/SANAA - 環境と建築
Garden & House
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2017 東西アスファルト事業協同組合講演会

環境と建築

妹島和世+西沢立衛/SANAA
KAZUYO SEJIMA + RYUE NISHIZAWA / SANAA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
Garden & House

西沢都心に建つ住居兼オフィス「Garden & House(2011年)」です。高層マンションやオフィスが建ち並ぶ高密度な街区の、巨大なビルとビルに挟まれたまさに8×4mという敷地に建ちます。初めて敷地を訪れた時、その敷地は空地だったのですが、すぐ左右隣が高さが40mはあろうかという大きなビルの壁で、まるで大きな渓谷の底にあるかのような土地に感じられました。クライアントは、いずれも編集の仕事仲間であるという女性ふたりで、ここで働きつつ暮らす仕事場を兼ねた住宅の計画でした。土地のサイズと要求面積を比較すると平屋は難しく、要望された諸室を積層させる必要がありました。床を積層させていくのですが、すべての床には部屋と庭が必ずあって、またそれぞれの床に穴を開けて上下を繋げ、角層で分節されつつもワンルームのように繋がる。という構成を考えました。部屋と庭の関係は階によって異なり、また、部屋だけでなく庭の方にも機能を積極的に与えています。たとえば、洗濯をするスペースや打ち合わせ場所というものも、庭の方に設けて、生活スペースが室内だけに留まらず、内外に広がることを考えました。各階の庭には緑を配置し、その枝ぶりが床の範囲を超えて、敷地境界線も超えて広がっていくことで、建築の外形も固定されず広がっていくようなことを目指しました。

「Garden & House」俯瞰。高さ約30メートルのビルに狭間に建つ。

「Garden & House」俯瞰。高さ約30メートルのビルに狭間に建つ。

「Garden & House」2 階テラス1 からの眺め。

「Garden & House」2階テラス1からの眺め。

「Garden & House」断面

「Garden & House」断面

「Garden & House」平面

「Garden & House」平面

機能構成としては、下の階には比較的仕事を使う機能と、リビング的な機能を、上階にいくにつれて、静かに、明るくなっていくので、プライベートな機能の部屋を配置しています。また、庭に設置する植物も、上階にいくにしたがって、より光が必要な種類としています。2階には、前面道路側に庭に囲われた打ち合わせ室を設けており、道路から見ると、中二階のテラスのように見える、道路と非常に近い庭空間です。

巨大ビルがひしめく、渓谷のようなインパクトを持った、この場所ならではの強烈なパワーに見合った家をつくりたい、という思いがありました。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»