アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

トップ
私の建築手法
藤森 照信 - 自然を生かした建築のつくり方
路上シアター
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2018 東西アスファルト事業協同組合講演会

自然を生かした建築のつくり方

藤森 照信TERUNOBU FUJIMORI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
路上シアター
「路上シアター」内部(2007年に東京オペラシティアートギャラリーで開催された第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展での展示)

内部(2007年に東京オペラシティアートギャラリーで開催された第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展での展示)

次は、2006年に開催された第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展の日本館の展示作品「路上シアター」です。この竹を使った仮設建築の元となったのは「ザ・フォーラム(1999年)」というスキーリゾートの集会施設です。竹の骨に荒縄を編み込んだドーム状の空間で、巨大な竹をどのように組むか悩みました。当時神戸大学におられた重村力先生に相談したら、大阪に大きな竹を平気で組んでくれる人がいるとご紹介していただきました。施工は新潟県で行ったのですが、一度生の竹で組んだものが1週間経つと高さが縮んでしまい自立できなくなってしまいました。これは、空調の影響で生の竹ひとつひとつが収縮してしまい、緩んでしまったからでした。そこで、もう一度太い竹を補強し、主な場所を締め直すことで、やっと自立するようになりました。初めての試みというものは、本当に挑戦してみないと分からないことがたくさんありますね。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»