アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

トップ
私の建築手法
藤森 照信 - 自然を生かした建築のつくり方
不東庵工房
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2018 東西アスファルト事業協同組合講演会

自然を生かした建築のつくり方

藤森 照信TERUNOBU FUJIMORI


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
不東庵工房
「不東庵工房」南西側外観。左が窯場、右が工房

南西側外観。左が窯場、右が工房

「不東庵工房」外壁は手で揉んだ銅板菱張り

外壁は手で揉んだ銅板菱張り

「不東庵工房」工房内部

工房内部

自然の素材にはさまざまな問題がありますが、基本的に弱いという点が課題になります。工業製品の強さに比べると、自然の素材は弱い。また、さらにもうひとつ、不揃いが挙げられます。穴が開いていたり、虫が食っていたり、そういった材料を使いますから、自然の素材と相性のよい工業製品をなんとかして探す必要がありました。

そこで銅板を使うことを考えてつくったのが、元・総理大臣の細川護煕さんの工房「不東庵工房(2001年)」です。銅板を手で揉んで外壁にると、手で曲げられる柔らかさが自然の素材と合いました。自然の素材で雨を本当に防ぐことはたいへんです。例えば石を使うと、重くてメンテナンスが難しい。そのため、これ以降、特に雨の当たる部分など、銅板をどんどん使うようにしています。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»