アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
古谷誠章 - ミライのタネ
バウムハウス
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2004 東西アスファルト事業協同組合講演会

ミライのタネ

古谷誠章NOBUAKI FURUYA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
バウムハウス
バウムハウス二階居室
バウムハウス二階居室

東京の中心は空洞化して、23区内は六割の人が賃貸住宅に住んでいます。賃貸住宅は現状回復が条件ですから、誰も自分の居心地をよくするための改修ができません。それならばと、改修しないで、自分がもっているものだけで空間をつくることができる「空箱」のような賃貸住宅を考えました。床を黒くし、天井高を2.6メートルにして、押入れもついていないという」フロア一戸のアパートです。住人の中には窓を潰してぜんぶレコード棚にしている人もいます。一般のマンションには余計な造作があって、自分のもっている棚が効率よく入らなかったからこの部屋を借りることにしたという方もいらっしやいました。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»