アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
古谷誠章 - ミライのタネ
武蔵境新公共施設
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2004 東西アスファルト事業協同組合講演会

ミライのタネ

古谷誠章NOBUAKI FURUYA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
武蔵境新公共施設
武蔵境新公共施設
武蔵境新公共施設

一番最近のコンペ落選案「武蔵境新公共施設」です。ここでのテーマは、大きなボリュームであっても、そこに何とか抜けをつくることができないかということです。建築である以上、立体であることから免れることはできませんが、単なる立体でないものをつくりたい、というのが私がいまもっとも実現させたい「ミライのタネ」です。最終審査の五案に伊東豊雄さんも残られていて「せんだいメディアテーク」のリベンジがで果たせるかと思っていたのですが、残念ながら一等は川原田康子さんの案でした。

今日は私が日頃考えるアイディアの卵のようなもの、学生たちと海外で調査をしたり、あるいはコンペに挑戦する中から生まれ出てきた、デザインの「端緒」についてお話ししました。いつの日かこれが芽を出し、実を結ぶのを楽しみにしています。


«前のページへ最初のページへ次のページへ»