アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
伊東豊雄 - 東日本大震災後の一年を考える
「みんなの家を」をつくる
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2011 東西アスファルト事業協同組合講演会

東日本大震災後の一年を考える

伊東 豊雄TOYO ITO


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
「みんなの家を」をつくる

そうした復興に向けた取り組みのひとつとして、「みんなの家」をつくる、ということを始めました。釜石市全体の復興計画には時間もかかりますし、マスタープランをつくり、こんな街になります、というようなことは誰も言えません。ですから私はすぐ、今日からできることを始めようと思いました。とにかく今回は行動を起こそうと思って、震災後、山本理顕さん、内藤廣さん、隈研吾さん、妹島和世さんという四人の建築家と一緒に、「帰心の会」というボランタリーな会をつくりました。この「帰心の会」でお金を集めて、「みんなの家」を被災地につくっていこうというプロジェクトについてご紹介します。

まず震災後、被災者の方々は体育館で雑魚寝をして、一時を過ごされたわけですね。そこにパーティションを立てにいった建築家も多くいました。それから6月くらいに被災者の方々は仮設住宅に移られました。

石巻市開成地区の仮設住宅
石巻市開成地区の仮設住宅の様子。

石巻の仮設住宅などは結構大きなものですが、基本的にどこへ行っても同じような風景が展開されています。確かにプライバシーは確保したけれども、それ以上のものにはなりません。もちろん、体育館より多少性能はよいでしょう。ところが、体育館を訪ねた際、被災者の方から「体育館にいたら昔の友だちと何人かでご飯を食べられるけれども、仮設住宅へ行ってしまったらみんなバラバラになってしまう」という声を聞きました。このように、仮設住宅では人が集まる場所がないのです。集会所はあるけれども、それはあくまで集会するための施設であって、ここに住んでいる人たちがお互いにコミュニケーションを交わすような場所になっていないのです。

«前のページへ最初のページへ次のページへ»