アスファルト防水のエキスパート 東西アスファルト事業協同組合

東西アスファルト事業協同組合講演録より 私の建築手法

マークアップリンク
トップ
私の建築手法
隈 研吾 - キノコと建築
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986

2010 東西アスファルト事業協同組合講演会

キノコと建築

隈 研吾KENGO KUMA


«前のページへ最初のページへ次のページへ»
Tee Haus

「Tee Haus(2007年)」は、リチャード・マイヤーが設計した「フランクフルト工芸博物館(1985年)」の庭に建つ、小さな茶室です。最初は、茶室の素材に自然素材を提案していたのですが、ドイツ人は荒っぽくてそれではすぐに壊されてしまう、と却下されてしまいました。そこで考えたのが、使う時にだけ現れる茶室です。コンクリートの基礎は常設とし、必要な時だけ膜と送風機を運び出し、基礎に膜を固定して膨らませます。実際にはだいたい10分程度で膨らみます。膜素材は基材のグラスファイバーがないテナラという、柔らかくて軽く、何度も折りたたんでも丈夫な素材を使用しています。二重膜の間に空気を送り込む構造システムですが、二重の膜を繋ぐ紐状の構造体と膜を繋ぐジョイント部分が、膜に粒っぽさを与えています。全体の形は、これがいちばんキノコっぽいかもしれません。

「KXK」原美術館の庭園に置かれたドーム。

「KXK」原美術館の庭園に置かれたドーム。

ドーム変形時の様子。

ドーム変形時の様子。

膨らんでいく様子。10分ほどで膨らむ。

膨らんでいく様子。10分ほどで膨らむ。

「Tee Haus」断面詳細

「Tee Haus」断面詳細


«前のページへ最初のページへ次のページへ»